FC2ブログ

2019年9月24日 オーストラリア旅行記 【6日目 帰国】

オーストラリア旅行記 6日目 パースからシンガポール経由で日本へ帰国します。


9/19から9/24まの6日間のオーストラリア旅行も、無事帰国の日となりました(*^▽^*)

丸1日移動に使う為、パースに滞在した日数は実質4日間のみでしたが、愛と友情と感動に溢れた素晴らしい毎日を過ごさせて頂く事ができました。

それはこの4日間だけが素晴らしかったのではなく、2010年にオーストラリアに渡豪する前からこのサイトで暖かく支え続けて下さる同志様方、オーストラリアで出会った皆さん、日本で地道に仕事を続けられる職場や、暖かく支えてくれるお友達、日本の家族、そして約10年前に未熟ながらオーストラリアへ渡豪した自分のほんの少しの勇気と行動によって築かれた感慨深い4日間であったと思っています。

2019年に、日本とオーストラリア、両方を深く愛する気持ちで二つの国を行き来できることを、私は本当にありがたいと思っています。


それでは、帰国の風景ものんびりとご覧頂けたらとても嬉しいです(*^▽^*)



9/23 17:00 パースからシンガポールへ。

帰国便のスケジュールは
17:00-22:30 パース-シンガポール

01:20-09:00 シンガポール-名古屋

です。帰国便も定刻通りの出発で、とても驚きました(笑)
遅延、欠航の時の過ごし方までシュミレーションして色々と考えていたのですが、シンガポール航空はとてもきちんと運航してくれ、尊敬の念しかありません。
万が一遅延、欠航した場合、乗客約300人に対してケアをしなければいけないので、シンガポール航空さんも定刻通りの出発ができるよう必死に仕事をして下さっているのだなと感じました。


「ああ、本当に、本当に良い滞在だった・・・・・・・・・・、本当にまた帰ってきてよかった・・・・・・・・・・・・・・」

という思いでいっぱいになり、色々な事を思い出しながらの離陸。

そして、旅行中に撮った写真を眺めながら約5時間のフライトがあっという間に過ぎていきました。
日本でまた漫画を描きたいな、この感動を表現したいな、またイベントに参加したいな、と思いながら、あれこれと計画をしながら、それが一番の「機内エンターテイメント」でした(笑)

IMG_20190923_171732_convert_20191019181811 (1)


夕食の機内食です。
いつも格安航空で飲まず食わずの「修行僧スタイル」で旅行をしてきた私にとって機内食が頂けるなんてものすごい貴族になったような気持ちがします(笑)
メインも美味しかったですが、機内食のパンとバターがなぜか大好きで、夢中になって食べてしまいました。
あと、機内でしか見かけないパック入りの水にテンションが上がります(笑)

IMG_20190923_185909_convert_20191019181932 (1)



22:35 無事シンガポール空港へ到着

パースをスムーズに出発し、スムーズにシンガポールへ到着しました。
もう本当に、今回の旅行では「こんなにスムーズに旅行ができていいの!?」と驚いてしまうことばかりでした(笑)

シンガポールのチャンギ空港はとてもきれいて、今回実は成田空港からパースへの直行便を利用しようかと思っていましたが、シンガポールの滞在もとても楽しかったので、今後もシンガポール経由を利用したいなと思うほどでした。

名古屋から成田空港までの道のりが約4時間かかってしまうので、
やはり名古屋民はおとなしく名古屋から出発すべきですね(笑)


IMG_20190923_223412_convert_20191019182046 (1)

日本への便までの約2時間、チャンギ空港を散策します。
乗り換え時間もちょうどよくて感動です(号泣)お友達の一人は、以前待ち時間13時間を過ごしたとのこと!

ここで、日本で目星をつけていた「クロエ」の香水のミニセットを2つ購入しました!
これも、ずっと憧れていたのに買えずにいた物です。
ついに買えた時、本当に嬉しかったです(泣)
今回の旅行では、「10年前にオーストラリアで貯めたお給料で、あの頃自分に買えなかったお土産を買う」
という事を1つの目標、願いにしていまして、現地で解約した銀行口座の預金の中からオーストラリアドルで支払いました。


IMG_20190923_224523_convert_20191019182202 (1)


購入した香水はこの2つです(*^▽^*)



IMG_20190923_224505_convert_20191019182119 (1)


IMG_20190923_235101_convert_20191019182606 (1)


パースでは、ディオールのミニ香水を購入しました。
香水を日常的につけるわけではないのですが、ボトルや香りの美しさにすごく心躍るので大好きなのです。

特別な場所で、特別な想いを込めて購入した香水、自分にとって「物語」のある香水を持てる事は、人生の喜びの一つだとひっそりと思っています。


IMG_20190923_231321_convert_20191019182303 (1)


香水の購入で、今回やりたかった夢を全て叶え、満ち足りた、達成感あふれる気持ちでカフェへ。
チャンギ空港はお店も24時間営業なので、深夜でも普通にとてもにぎやかで、気持ちも高揚し、不思議と疲れを感じませんでした。
香水を購入する時にオーストラリアドルで支払い、シンガポールドルでお釣りをもらったので、そのお釣りを利用してアイスカフェオレを注文しました。
やっぱりカフェオレは安心の味(笑)深夜の飛行機を待つ間、小一時間程ゴージャスな待合スペースでほっと一息の休憩です。



そして、この後、20年越しの夢がついに叶いました!!!!!!!!




IMG_20190923_231711_convert_20191019182349 (1)

待合スペースの池に、なぜか鯉が泳いでいました(笑)

IMG_20190923_231942_convert_20191019182423 (1)









9/23 23:00時頃、シンガポールで北海道編第三巻と対面・宗次郎との再会

同志様ーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!

私、ついに北海道編第三巻を読む事ができましたーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!



実際の単行本購入から約1か月半、宗次郎がSQ本誌で再登場している事は様々な情報から存じていましたが、2008年から宗次郎の創作を始めてから約10年超、るろ剣の同人や公式が下火どころか何の動きも無かった頃から冗談半分で
「和月先生北海道編描いて下さい!!!!」
「宗次郎の再登場が見たいーーーーーーーーーーーーーー!!!!」
と叫び続け、それでもどうせ叶わないと思い込んでひねくれて鼻で笑ってあきらめていた夢がいつの間にか本当に叶ったんですよーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

実際に単行本を購入した時、その場ですぐに読むつもりでいました。
でも、宗次郎との出会いから約20年ぶりの再会となるので、実際に2019年に宗次郎が再登場している事実が大きすぎて嬉しすぎて、感動、感慨深さ、信じられなさなど、言葉で言い表せないなんとも言えない気持ちになり、

「自分にとって特別な時に、特別な場所で、きちんと準備をして宗次郎に再会したい」

という思いが湧き起こり、SQも単行本もずっと手をつけられず読めずにいたというものすごく不思議な精神状態でこの数か月を過ごしていました。

そして、9月のオーストラリア旅行で、渡豪から約10年、様々な時をるろうに剣心と共に乗り越えてきた、という感謝の気持ちをもって再会したいと思ったのです。

あまりにも長く待ちすぎて、もう既に宗次郎の「その後」が昭和編までいってしまったよー(笑)!!
と宗次郎に語り掛けつつ(笑)、でも、自分の中でそのくらいしっかりと創作ができて、自分の人生にも納得ができた状態で宗次郎に再会できるのは本当に嬉しく、誇らしい、清々しい気持ちでした。

ページを開くと、剣心も皆も元気そうで、シンガポールで同窓会と同時に新たな戦いに参加し始めた気持ちがしてとても楽しかった事を昨日の事のように思い出します。


IMG_20190923_232210_convert_20191019182527 (1)


じっくりと読み進め、夢中になっている間に飛行機に乗り遅れないように、宗次郎が再登場する前に一旦本を閉じ、日本への帰国便の待合室まで移動。


IMG_20190923_235325_convert_20191019182700 (1)


IMG_20190924_003226_convert_20191019182746 (1)


実際に宗次郎に再会した場所です。

搭乗の待合室で、多くの乗客の方々が税関の申告書を書く中、一人ひそかに北海道編を読み進めました(笑)

一話一話じっくりと読んでいくと、突然お団子のくだりのシーンでナチュラルに宗次郎が!!!!!!!


もう、本当に、本当に、元気そうで何より!!!!


の一言に尽きます(号泣)!!!!!

いやあ、本当にすごく健康そうで良かったです(号泣)!!!!
もう私にとって宗次郎は心の家族のような存在なので、ただただ元気な姿を見られただけでほっとして、愛があふれて止まりませんでした。


この後、感動で胸がいっぱいになってしまい一気に読み進める事ができず、結局約3回くらいに分けて機内で少しずつ読み進め、フィリピン海上くらいの場所で読破しました!!!!


IMG_20190924_003229_convert_20191019182846 (1)


宗次郎が生きているだけで十分。それは、20年越しの真実の愛でした(号泣)。


IMG_20190924_062919_convert_20191019183058 (1)


そして、まさかの公式で宗次郎と栄次の対面が読めるなんて!!!!!

細々とではありますが、個人的に創作で宗次郎と栄次の関わりを中心に「その後」を描き続けてきた私にとって、まさかとは思っていましたが実際に見られる事になるなんて、夢なのだろうかととても驚きました!!!

本当にすごくびっくりしてしまって、公式が・・・・・・公式で栄次と十本刀が関わっている・・・・・・!!!
という事に、実際に読んだ時には現実だと信じられない程の衝撃を受けました。


あと、おこがましい事は承知の上ですが、
「私の着眼点は間違っていなかったんだ・・・・・・!」
という、細々とですが創作に関わる者ならではの深い喜びと感動は、言葉で表現できない程でした。
そもそも創作に正解、間違いは存在しませんが、もう何年も描き続けてきたものに対してある一つの「解」を得られた気がして、その喜びをしっかりと噛みしめました。


今後、想像ですがきっと栄次の復讐に対する苦悩、それを静かに見守る剣心と斎藤、そして栄次の命の危機を縮地で救う宗次郎が見られるのかと思うと、楽しみで感慨深くてたまりません。

生きねば!!!!!!!


IMG_20190924_063008_convert_20191019183143 (1)

あと、2019年の張鎌が、まるで「私は90年代にタイムスリップしてしまったのか!?」と思ってしまう程変わっていなかった事がすごく面白かったです(笑)!!

実は張鎌の再登場は私は全く知らなかったので、思わぬ再会に
「どっひゃーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」
でしたよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
二人とも、相変わらず志々雄さんを敬愛している姿やセリフに、胸に迫るものがあり、剣心と張鎌のやりとりもとても和やかな雰囲気で、何だか微笑ましかったです。


剣心や斎藤の方も、昔話で盛り上がったりと、90年代の連載時よりも人間味が溢れる姿を見る事ができ、以前より明るい剣心を見られてほっとした気持ちがしました(*^▽^*)


このようないきさつで、当初予定していた「オーストラリアで雄大な景色の中での感動の再会」、というわけではなく、シンガポールの空港の搭乗口での慌ただしい再会となりましたが(笑)、


敵味方関係無く、

「皆、元気そうでよかった」


という愛と笑いと感動に終始した、この上なく暖かい再会をさせて頂きました!!!!!(*^▽^*)


ああ、本当に、今まで生きてきて、創作をして、宗次郎に、るろうに剣心に出会えて、本当によかったです!!!!!




オーストラリア旅行の感動と、宗次郎との再会の感動で夢うつつになりながら、飛行機は日本へ近づいていきます(*^▽^*)

6時頃に朝食の機内食を頂きました。

朝食前にも暖かいおしぼりが配られ、シンガポール航空の細やかな気遣いに感動しっぱなしです(号泣)


IMG_20190924_060501_convert_20191019183002 (1)


IMG_20190924_074602_convert_20191019183247 (1)


機内の朝。


IMG_20190924_074610_convert_20191019183214 (1)


9:00 中部国際空港に到着しました!!

定刻通り中部国際空港に到着し、寝ぼけていたせいか、荷物をしまっていた棚を勘違いしてしまい、

「荷物が見つからないんですけど!」と慌てていたら、CAさんが探していた場所と反対側の棚から荷物を見つけて下さり、自分のおっちょこちょいさに反省しました(笑)
最後まで、気を引き締めておかなければ!


IMG_20190924_091755_convert_20191019183312 (1)


荷物も無事受け取り、税関もスムーズに通り、無事帰国致しました(*^▽^*)


IMG_20190924_094118_convert_20191019183346 (1)


海外へ旅行をする際、いつもは空港到着後即電車で帰宅してしまうのですが、今回は何だか名残惜しくなり、もう少し空港に滞在したいなという気持ちになりました。
長旅の「お疲れ様会」という気持ちで、カフェで一休みしました。

お世話になった皆さんにメッセージを送ったり、写真を整理したりと、まだ旅行エネルギーが残っている間に猛烈に行動(笑)


IMG_20190924_095750_convert_20191019184005 (1)

「また空港から旅立ちたいな!」
とう気持ちでいっぱいになり、次にやりたい事などに思いを馳せる、とても暖かい時間でした(*^▽^*)


実はこのカフェも思い出の場所でして、約10年前、オーストラリア渡航前に、出発前に不安だらけで過ごした場所でした。

それから10年後、こんなに達成感と安らぎの気持ちでここに座れるなんてと、普段は自分に対してすごく厳しくしてしまう気持ちがあるのですが、この旅行の時と、このカフェにいる時には
「よく頑張ったね」と自分を労ってあげる事ができ、とても感慨深かったです。


IMG_20190924_101134_convert_20191019184043 (1)


同志様、ここまでご覧くださり本当にありがとうございました!

とても長い旅行記になってしまいましたが、少しでも楽しんで頂けたらとても嬉しいです。

オーストラリアの旅行と宗次郎との再会という、とても慌ただしい6日間を過ごさせて頂き、様々な愛と感動に恵まれる事ができました。

私の創作は常に同じペースの継続ではなく、作品の制作に時間が空く事が多いのですが、このように10年以上続ける事ができたのは、暖かく気長に見守り、支えて下さる同志様のおかげです。

オーストラリアに在住している間、全く創作ができなかった時でさえ、メッセージを下さり、応援してくださり、日本のるろ剣フィーバーの様子を伝えて下さったりと、当時の同志様の友情と支えにどれだけ心を救われたかわかりません。

当時から、そして今までも、本当にありがとうございました。


創作や、渡豪から約10年、剣心の流浪の旅と同じくらいの年月となり、私の旅はもう終わり、というわけではありませんが、

「今までの様々な経験や想いが暖かく実を結ぶ」

という深い感動をこの度のオーストラリア旅行で経験させて頂く事ができたと思っています。

そして、これからそれらの感動を創作の中で活かしていく事ができる事を、心からありがたいと思っています。


IMG_20190924_153706_convert_20191019184139 (1)



それでは、次の創作に向けてまた頑張りますので、これからもスナックのようにお付き合い頂けましたらとても嬉しいです(*^▽^*)


寒くなってまいりましたが、同志様もお体にお気をつけてお過ごし下さいませ!!


スポンサーサイト



2019年9月23日 オーストラリア旅行記 【5日目・パース最終日】

オーストラリア旅行記 5日目・最終日です(*^▽^*)

これまで御覧頂きありがとうございます!

約2か月更新していなかったと思ったら、連続で5日分の旅行記を一気に約2日間でアップしてしまいました(笑)
この5日文の記事は、ちょこちょこ書き溜めていたものではなく、本当に2日間で一気に書いたものです(笑)
おかげさまで、写真を振り返り私も当時の事を思い出しながら、また旅行ができたような楽しい日々を過ごさせて頂く事ができました(*^▽^*)

今後の予定は、宗次郎の「その後」の制作をアップさせて頂く予定です。

今回の旅行は、宗次郎の「その後」の土台となる「長い時間をかけた友情と愛」まさにそのものの体験なので、この旅行も私にとっては創作の一部だと思っています。

それでは、最終日ものんびりとご覧頂けたらとても嬉しいです!


7:00 ホテルをチェックアウトし、パース市街の公園・キングスパークへ

4泊5日お世話になったホテルとも今日でお別れです。
帰国の飛行機は17:00発なので、大事をとって13:00頃には市街を出発し空港へ着けるように、思い残すことがないように、行きたかった場所への散策にでかけます(*^▽^*)

フロントに荷物を預け、この日も朝早くに出発し、市街の国立公園「キングスパーク」へ向かいました。

この日も、思いがけず愛と感動に溢れた最終日を過ごさせて頂くことになりました。



4日間ありがとう!という気持ちを込めて、出発。

IMG_20190923_065904_convert_20191014175532 (1)


朝、なぜか料理の相性でパートナーを探すお見合い番組がやっていました(笑)

IMG_20190923_065840_convert_20191014175610 (1)

この日も真冬のようにとても寒く、あまりの寒さにトイレに行きたくなってしまい、外出から10分も経っていないのに、最寄の「ドームカフェ」へ(笑)
どれだけドームカフェが好きなんだよと自分でもびっくりしますが、ドームカフェはパースの人々にとっては故郷であり、おふくろの味のような存在で、全てを包み込んでくれるカフェなので、見かけるとついつい駆け込んでしまいます。

IMG_20190923_074031_convert_20191014175643 (1)

オフィス街のドームカフェです。
たまたま通勤用のスーツ系ズボンをはいていたので、思いがけずオフィスワーカー風にドームカフェを楽しむことができました(笑)

IMG_20190923_074337_convert_20191014175722 (1)


15分程ゆっくりしたところで、バスで5分ほどの「キングスパーク」へ。

とても広くて美しい公園です。見て下さい、この美しさ!!


IMG_20190923_075912_convert_20191014175759 (1)

IMG_20190923_075402_convert_20191014175847 (1)


この公園の道や、ビル群の風景も、在住時には色々な人生の節目で歩き、眺めてきました。
今はゆったりと晴れやかな気持ちと、落ち着いた幸せな気持ちでこの風景を眺める事ができてとても嬉しかったです。


IMG_20190923_080211_convert_20191014175924 (1)


これは、オーストラリアの戦没者の方々の慰霊碑です。

不思議な事に、私の中でとても暖かい感情が溢れて、ふと心の中から

「皆さんが戦時中に戦って下さったおかげで美しいオーストラリアの国が築かれ、私の友人たちが生まれ、今平和に生きる事ができています。本当にありがとうございます。どうか、安らかにお眠り下さい。」

という気持ちが溢れ、心の中で日本語で追悼の気持ちで慰霊碑に祈りました。

恥ずかしい事に、在住時には不勉強で、また心の余裕も無かったせいか、そのような祈りの気持ちを持つことがありませんでしたが、なぜかこの時は自然とそのような気持ちになったんです。

短い間でしたが、4年間住まわせてもらった者としての感謝の気持ちを表現し、一礼してその場を後にしようとした時、オーストラリアの神様の、また粋な計らいを頂くことになりました。


IMG_20190923_080622_convert_20191014180001 (1)


IMG_20190923_080727_convert_20191014180030 (1)


なんと、ふと歩き出した瞬間顔をあげてみると、お会いしたいと思っていたお友達がその場にいらっしゃったのです。
その方は、パース滞在初日の夜に再会したお友達で、このキングスパークの職員として公園の植物の管理や整備のお仕事をされており、10年前から様々な苦楽を共にしてきた戦友・盟友のような方でした。

3日前に再会させては頂きましたが、またどこかでお会いしたいなと思っていた時、偶然にも公園の整備のお仕事中の彼女にたまたまばったりとお会いできたんです!

お互いにかけよって、信じられないという気持ちで私は涙を流してしまって、彼女も感動して涙ぐんでいらっしゃいました。
彼女がこの公園で働いている事はもちろん知っていましたが、広大な公園で、部署や管轄もわかりませんし、お仕事中に連絡をしてはご迷惑だろうと、一人で公園を訪れた矢先の再会でした。

「今日の夕方の飛行機で帰国します。もう一度お会いできたらと思っていましたが、まさかここでお会いできるなんて・・・!」
「私もお会いしたかったんですよ。この前は結婚のお祝いをありがとうございました!こんなところでばったりお会いできるなんて!」
と、驚きと感動に、人生って、友情ってなんて素晴らしいんだろうと、溢れる思いが止まりませんでした。

よく考えたら、ほんの数分でも到着時間がずれていたりしたらお会いできなかったと思うと、本当に、ご縁のある人には何があっても会う事はできるのだと、強く人の縁を信じた奇跡となりました。

お友達にもしっかりと帰国の挨拶ができ、思い出の公園も散策でき、朝から幸せに満ちた気持ちでいっぱいになりました。


IMG_20190923_083247_convert_20191014180134 (1)

IMG_20190923_083442_convert_20191014180213 (1)



IMG_20190923_083654_convert_20191014180255 (1)


「また来年来るよ!」と、明るく心の中で公園に呼び掛けて、バスで次の目的地に向かいます。

IMG_20190923_085355_convert_20191014180355 (1)

IMG_20190923_085533_convert_20191014180427 (1)


9:00 市街からバスで少し遠出

私の在住時には無かった、美しくなったバスポートです。

IMG_20190923_090721_convert_20191014185657 (1)

昔はこのような室内式ではなく、屋外のバス停だったのが、すごく立派になっていました!

IMG_20190923_090853_convert_20191014185807 (1)

IMG_20190923_091026_convert_20191014185845 (1)


バスにゆったり揺られ、目的地の途中でふと途中下車。
ここもずっと行きたいと思っていた場所で、ちょっと時間がありそうなので、思い切って下りてみました。


パースの素敵な本屋さん兼カフェです(*^▽^*)

IMG_20190923_092046_convert_20191014185913 (1)


IMG_20190923_094004_convert_20191014190009 (1)

本と素敵な雑貨を扱っているブックカフェで、在住当時は贅沢をしてはいけないと思っていたので素敵な雑貨を買う事をためらっていましたが、今回は思い切って気になる雑貨を色々と購入する事ができました!


IMG_20190923_092951_convert_20191014190047 (1)


IMG_20190923_092436_convert_20191014190223 (1)


IMG_20190923_092947_convert_20191014190147 (1)

IMG_20190923_094015_convert_20191014190307 (1)

長年の夢をまた一つ叶え、本屋さんを後にします。
このエリアには、小さな商店街があり、そこにも小さくて素敵なカフェや服屋さんなどがあったりして、在住当時にもっと楽しんでおけばよかった、でも今、これからは思いっきり楽しもう!という気持ちでわくわくしながら歩き回りました。

IMG_20190923_094659_convert_20191014190547 (1)


子供服屋さんです。こういった小さなお店に、すごくロマンを感じてしまいます・・・・!

IMG_20190923_094707_convert_20191014190418 (1)

この子供服のワンピースがすごく、すごくかわいかったです・・・!!

IMG_20190923_094155_convert_20191014190456 (1)


再びバスに乗ります。

IMG_20190923_101205_convert_20191014190621 (1)


20分程走り、目的地に到着しました!ここからは写真をご覧ください(*^▽^*)

IMG_20190923_101254_convert_20191014192219 (1)


IMG_20190923_101259_convert_20191014192307 (1)

IMG_20190923_105247_(1)_convert_20191014192456 (1)


IMG_20190923_104305_convert_20191014192651 (1)


ここは「スカボロビーチ」というビーチで、パースで最も美しいビーチの一つです。
ここにもたくさんの思い出があり、海しばらく海を眺めながらぼーっとしたり、先日のワイナリーツアーで出会った日本人女性のひとみさんとメッセージのやりとりなどをしてのんびりと過ごしました。


IMG_20190923_102408_convert_20191014192733 (1)

人はあまりおらず、寒かったですがサーフィンや、ビーチで日光浴をするお姉さん達もいて、皆さん思い思いに過ごされていました。

本当に、どこまでものんびりした街だなあ~。


IMG_20190923_104313_convert_20191014192543 (1)


IMG_20190923_104452_convert_20191014192841 (1)


IMG_20190923_105209_convert_20191014193049 (1)


IMG_20190923_105916_convert_20191014192941 (1)

街並みもすごく南国リゾートっぽくて、すごく開放的な雰囲気です(*^▽^*)

IMG_20190923_105927_convert_20191014193017 (1)


IMG_20190923_105929_convert_20191014193132 (1)


IMG_20190923_110101_convert_20191014193237 (1)

11:00 地元のスーパーをぶらぶら

お土産を買いがてら、ビーチする横のスーパーに行きました。

IMG_20190923_110120_convert_20191014200231 (1)

IMG_20190923_110456_convert_20191014201357 (1)

IMG_20190923_110547_convert_20191014201447 (1)

当時よく食べたひき肉です(笑)パッケージなどがとても懐かしいです。

IMG_20190923_110629_convert_20191014203214 (1)


IMG_20190923_110655_convert_20191014201526 (1)

こちらでは一般的な、鶏の丸焼き。これ1つ買って、パーティーで食べたりしていました(*^▽^*)

IMG_20190923_110727_convert_20191014201557 (1)

ボトル入りのホットケーキミックスです。牛乳をいれて振ると、ホットケーキミックスが混ざるよ!という優れもの。

IMG_20190923_110915_convert_20191014203317 (1)

お団子が食べたい時に、もち粉の代わりになるアジアのお粉です。

IMG_20190923_110944_convert_20191014203348 (1)

日本では高級チョコのリンドールがなんと半額に!約700円で職場への30人分のお土産を調達できました(笑)!

IMG_20190923_111041_convert_20191014203414 (1)

コーヒー類。よくネスカフェを飲んでいました。

IMG_20190923_111328_convert_20191014203456 (1)

何か頑張った時のごほうびプリン。とても懐かしいです・・・。

IMG_20190923_111420_convert_20191014203548 (1)

牛乳コーナー。この大きさがとても懐かしいです。

IMG_20190923_111435_convert_20191014203621 (1)

IMG_20190923_111443_convert_20191014203650 (1)

当時使っていたシャンプーがまだありました(笑)

IMG_20190923_111603_convert_20191014203722 (1)

スーパーも、私にとっては思い出の場所です。ああ、懐かしい・・・・・。

IMG_20190923_111735_convert_20191014203835 (1)

帰国して一番恋しいオーストラリアの食べ物、それは大きいチーズです!!
この大きさのチーズを、気軽に買って、切って食べたいなあ・・・・!

IMG_20190923_111908_convert_20191014203804 (1)

IMG_20190923_111921_convert_20191014203929 (1)

よく食べていたスモークサーモン。

IMG_20190923_112043_convert_20191014203957 (1)

よく食べていたヨーグルト。

IMG_20190923_112124_convert_20191014204024 (1)

すみません、一人で懐かしんでばかりで(笑)

お土産も買えたところで、市街へ戻ります。

IMG_20190923_113651_convert_20191014204053 (1)

IMG_20190923_114355_convert_20191014204153 (1)


13:00 パース市街から空港へ

パース市街も一旦見納めです。
また絶対に来年も来ると決めたので、ほんの少し、しばしのお別れです(*^▽^*)

IMG_20190923_120954_convert_20191014210043 (1)

お昼はどこかおしゃれなカフェやレストランでゆっくりしたかったのですが、時間が無かったので、フードコートでタイ料理のテイクアウトにしました。

IMG_20190923_121606_convert_20191014210117 (1)

バイキング形式で、ご飯とおかずを3品選ぶスタイルです。
私はグリーンカレーと牛肉の炒め物にしました(*^▽^*)
パース最後のご飯です。

IMG_20190923_121640_convert_20191014210141 (1)

また来るよ~!という明るい気持ちで市街を後にします。

IMG_20190923_122012_convert_20191014210216 (1)

ホテルに戻り、預けていた荷物を受け取り、ホテル目の前のバス亭から空港へ出発します。

IMG_20190923_124300_convert_20191014210245 (1)

たくさんの観光ツアーパンフレット。
いつか、1、2か月滞在して、のんびりしてみたいなあ。

IMG_20190923_124321_convert_20191014210325 (1)

さあ、素晴らしい思い出とともに、空港へ移動します(*^▽^*)

IMG_20190923_124810_convert_20191014210412 (1)


IMG_20190923_124948_convert_20191014211508 (1)

車窓の景色が、空港へと向かっていきます。

IMG_20190923_133659_convert_20191014211649 (1)

IMG_20190923_133702_convert_20191014211725 (1)


14:00 無事、余裕をもって空港に着きました!

IMG_20190923_134115_convert_20191014211802 (1)

この空港も、10年前は国際空港と国内空港が一体化した、小さな公民館のような空港だったのですが、いつの間にかターミナルが4つ別れた巨大な大都市の空港に建て替わっていました!


IMG_20190923_135238_convert_20191014211829 (1)

帰国の荷物達。感慨深くなり、思わず撮ってしまいました(笑)
行きはほぼ9割がお土産で、自分のものはほとんど無かったのですが、お友達にお土産を私た後、今回の旅行では自分にも色々と購入しまして、お土産の多い帰国となりました(*^▽^*)

IMG_20190923_135701_convert_20191014211857 (1)

ここで、市街地で食べる時間が無かったお昼を男子高生の勢いでかきこみます(笑)!!
「スモール」なのに、結構な量があるのですよ!でも無事完食しました!

IMG_20190923_140140_convert_20191014211927 (1)

かきこみながら眺めた風景です(笑)

IMG_20190923_141231_convert_20191014211958 (1)

さあ、あとはチェックインを頑張ります!

IMG_20190923_141416_convert_20191014212030 (1)

自動チェックイン機を、わからないなりに頑張って操作し、無事通過できました(笑)
日本ではついつい甘えて、チェックインの係員さんにお任せしてしまうのですが、今回はちょっと列が長かったので、自分で頑張ってみました。
すごい便利になりましたね~!

よく見ると、名古屋から一緒に乗っていらっしゃった日本人ツアーの方々もチェックインされていました。ご無事でなにより(*^▽^*)


IMG_20190923_141745_convert_20191014213222 (1)

今回の旅行で、何だか以前より更に空港が大好きになってしまいました。
何か物語が始まるようなわくわくと特別感、そして、すれ違う人々それぞれに個々の物語があって・・・ということを想像して、また心が愛に溢れてしまいました。

IMG_20190923_141757_convert_20191014213253 (1)


14:30 お友達との再会!

ここで、最後の最後で、お友達との再会ができました!
オーストラリア人で、コスプレを通じて知り合ったとても親切なお友達で、お仕事が終わった後で空港に駆けつけてくれ、無事出国前の30分程でしたが、再会することができました!!

彼女はアニメの他にも日本文化が大好きで、日本に短期留学や旅行に来てくれ、当時の経験や、お互いの留学経験や、これからの渡航予定など、色々とお話をし、お互いが自国で一生懸命働き、こうしてずっと長い間交流していけることのありがたみを語り合いました。
ここでもやはり、この10年間、本当にありがとう、とお礼を言うことができ、これからもよろしくねと、晴れやかな気持ちで伝える事ができ、本当に嬉しかったです。

ほんの少しの再会でしたが、十分過ぎるほどで、笑顔で一緒に写真を撮り、出国ゲートで見送ってくれました。

ああ、本当に、最後の最後まで、オーストラリアの友情に支えられて、なんてありがたいんだろうと、うっすら涙を浮かべながら、出国の列に並びました。


IMG_20190923_143549_convert_20191014213355 (1)


IMG_20190923_143945_convert_20191014213325 (1)


16:00 出国後、搭乗待ち・そして、また一つ夢を叶える


搭乗まで1時間ほどあったので、新しい空港内を色々と見て回り、最後のお土産のお買い物に奔走しました。

そして、遂に、10年来の夢をまた一つ叶える事ができました。

それは、パースの空港免税店で、香水を買う事です。
10年前の渡豪から今まで、出国するたびにずっと長い間憧れていて、それでいて生活に必要ないものだから、そんな物買ってはいけない、次の学費の為に、将来の為に節約をしなきゃ、そんなもの必要ないと、ずっと手にできずにいたものです。

よく考えれば、そんなに高いものではないのに、ずっと自分に与える事ができませんでした。
でも、今回オーストラリアの銀行を解約し、当時の自分の手をつけていなかったお給料で、自分に
「お疲れ様」という気持ちで、小さな香水セットを買う事ができました。

やっと10年越しの願いを叶える事ができた時、嬉しいような、ほっとしたような、何かから解放されたような、本当に不思議な気持ちがしました。
自分の一つの想いが昇華され、人生が暖かく広がっていくような、そんな気がしたのです。

そして、これからは、自分が幸せになる事を考えて、軽やかに生きていきたいと、ふと思いました。


IMG_20190923_154650_convert_20191014213459 (1)

IMG_20190923_155316_convert_20191014213529 (1)


望んでいた夢を叶えて、ほっとしながら、お店を眺めてまわりながら搭乗を待ちます。

IMG_20190923_162229_convert_20191014213839 (1)


空港って、本当に素敵ですよね。


IMG_20190923_155319_convert_20191014213559 (1)







カンガルーさんにも「また来るね~!」とあいさつをして(*^▽^*)

IMG_20190923_162541_convert_20191014213933 (1)


IMG_20190923_160303_convert_20191014213637 (1)


IMG_20190923_163720_convert_20191014214002 (1)


IMG_20190923_164429_convert_20191014214040 (1)

17:00 定刻通りに搭乗

そして今回も、びっくりする程定刻通りに搭乗でき、スムーズにシンガポール航空は運航して下さいました。
帰国の際も、遅延や欠航を想定してスケジュールを組んでいたので、驚きの連続です(笑)。


10年前、私は「後悔しないように」という表現を英文で書いた時に、オーストラリアのお友達が「すばらしい思い出とともに」と訳して直してくれたことをよく思い出します。


今回、私は素晴らしい思い出とともにパースを旅立ち、そして大好きな日本に帰れる事をありがたく、そして誇りに思いました。



IMG_20190923_160443_convert_20191014213708 (1)

シンガポール航空での帰国の便~日本への到着までについては、次回の記事でアップさせて頂きます(*^▽^*)

次回はオーストラリア旅行記・最終回の6日目 になります。


そしてお気づきの通り、まだ北海道編第三巻を読めていません(笑)!!

オーストラリアで感慨深い気持ちで宗次郎に再会すると決めていたのに、実際オーストラリアで過ごしていたら、
様々なものが感慨深すぎて、この愛でパンクしそうな精神状態で宗次郎にはまだ会えない!!
という謎の精神状態だったので、少し私にはクールダウンが必要だったようです(笑)

こんなおっちょこちょいなスナックですが、ここまで御覧頂き、本当にありがとうございます!!

あれもこれもと、どんどん写真を追加していくにつれ、膨大な量になってしまい、お手軽な旅行記というよりは、自分の行動ほぼ全てを書いたという感じになってしまいました(笑)
でも、後から読み返したらとても良い思い出になってくれると信じています(*^▽^*)

今回の旅行では、なんだか宗次郎やマリア先生、あかりちゃんやかがりちゃんも一緒に旅をしてくれているような温かい感覚がありました。


どうか読んで下さる同志様にとって、「へえ、こんなところがあるんだ」「こんな人生があるんだ」と、楽しく思って頂けたらとても嬉しいです(*^▽^*)


2019年9月22日 オーストラリア旅行記 【4日目】

オーストラリア旅行記 4日目です。


オーストラリアのご一家のお宅に泊めて頂き、今日は現地の1日生活をして過ごしました(*^▽^*)


朝はクリスチャンの教会へ

7:30くらいに起床し、朝はネスプレッソでコーヒーを作ってもらい、のんびりと過ごしました。

のどかな日曜日の朝です。

ジャスティン(生徒さん)は、サッカーの試合の為朝早くに出かけ、出かける前にこれからの夢だったり、やりたいことなどを色々と日本語で話し、とても実りある時間を過ごしました。

また、こちらのお宅には小さなわんちゃんがいて、メルさん(娘さん)が一生懸命しつけをしていました(笑)

IMG_20190922_083828_convert_20191014133949 (1)


ご一家のお孫さん達へのお土産です。

IMG_20190922_083207_convert_20191014133846 (1)


お土産のUFO(笑)

IMG_20190922_083215_convert_20191014133914 (1)


9:00頃、車で教会へ。
こののどかな風景には、本当に癒されます。


IMG_20190922_090908_convert_20191014134035 (1)


教会は、荘厳な建築ではなく、地域の公民館のような場所でアットホームな雰囲気の集会でした。

クリスチャンの皆さんはとても優しく、親切で、神父様(とはいっても普通の服装のおじさん)のお話を聞き、バンドにアレンジされた讃美歌を歌い、手作りのコーヒーやお菓子を持ち寄って近況などをお話するという、とても心温まる集まりで、このようなコミュニティで様々な人と交流する機会があるというのはとてもいいなと思いました。


IMG_20190922_115437_convert_20191014134343 (1)


IMG_20190922_115423_convert_20191014134256 (1)


IMG_20190922_092933_convert_20191014134104 (1)

IMG_20190922_100729_convert_20191014134135 (1)

IMG_20190922_114322_convert_20191014134216 (1)

近くにいた人とこのような感じで世間話をするのですが、たまたま以前の職場の学校のスタッフさんがいらっしゃり(クリスチャンあるある(笑)色々な人が色々な場所でつながっています。)、当時のお話をしたり、色々な方の近況をお聞きしたり、和気あいあいと過ごしました(*^▽^*)

途中で神父様ともお話をする機会があり、今後の人生を良いものにしていけるよう皆さんで祈って下さいました。
クリスチャンの皆さんの優しさが私は本当に大好きで、こんな日本人の私に対してもとても熱心に親切にして下さり、
「あなたは神様にとってとてもとても特別な素晴らしい存在なのだから、それを忘れないで」
と暖かく送り出して下さり、また一つ、生きる喜びを実感した気持ちがしました。

思えば、そのクリスチャンの方々の優しさのおかげで私は4年間もオーストラリアに住まわせてもらい、貴重な経験をさせてもらう事ができたのだと思うと、感謝してもしきれません。
人と場所のご縁というのは、本当に不思議なものですね。


IMG_20190922_114328_convert_20191014134736 (1)


そして、車に乗り、午後は普通の地元の生活へ!
この地域の車窓からの風景が、私は大好きなんです(笑)

IMG_20190922_120201_convert_20191014134816 (1)


何をするかというと、家電量販店でのお買い物です(笑)
在住時には当たり前の風景でしたが、久々に訪れると、すごく新鮮で、感動するものがあります(笑)

IMG_20190922_121053_convert_20191014134849 (1)


食洗機コーナー。
オーストラリアでは節水の為に、このような大型食洗機が推奨されています。
10年程前には、「節水の為に洗った食器を洗い流さずに布で拭くだけ」というスタイルの家をよく見ましたが、
今では結構な数のお宅に普及しているようです。


IMG_20190922_121903_convert_20191014135006 (1)



IMG_20190922_121905_convert_20191014134922 (1)

IMG_20190922_121913_convert_20191014135040 (1)


色々なものが、とにかくごつく、大きいです(笑)
こちらは洗剤。

IMG_20190922_122035_convert_20191014135142 (1)


アイロン、でかすぎない?と思ってしまいました(笑)
アイロン本体は普通サイズで、台が無駄に大きいスタイルのようです。

IMG_20190922_122112_convert_20191014135258 (1)


すごく選択肢の多い洗濯機(笑)

IMG_20190922_122131_convert_20191014135220 (1)


どこか懐かしさを感じるコンロ。

IMG_20190922_122315_convert_20191014135339 (1)


お昼ご飯はパースのお寿司屋さんへ。

IMG_20190922_123620_convert_20191014135419 (1)


1皿400円くらいでした。見て頂いてもわかるように、すごくおいしそうで、実際とても美味しかったです!


IMG_20190922_124147_convert_20191014135451 (1)


ランチの後は、メルさんのベッドを新調する為にベッド専門店へ。
体格の違いのせいか、オーストラリアのベッドは、とにかく大きくて、地面からの高さがすごく高い事に驚きました。
すごいものだと、ベッドまでの高さが自分の腰以上の高さになっていて、登るのに一苦労するような感じです(笑)

IMG_20190922_132521_convert_20191014135544 (1)

IMG_20190922_132527_convert_20191014135646 (1)

お母さんとメルさんと私であれこれと1時間ほどベッドに寝ころびながら真剣に良いベッドを探しました。
オーストリアでのベッド選びは初めてでしたので(笑)、とても貴重な体験でした。
色々な店員さんとお話をして、無事メルさんも新しいベッドを決める事ができ、お昼14:00頃、駅まで送って頂きました。

IMG_20190922_132734_convert_20191014135613 (1)


駅ではお母さんとメルさんに、今までの感謝の気持ちを伝え、また来年帰って来るのでまた会いましょうとお伝えし、
お母さんにこれからも体に気を付けてと、これからの健康をお祈りしました。
お母さんはとても元気な方で、このように会いたい時に会いたい人が元気でいてくれる事、それ以上に嬉しい事はありません。

電車が来るまでメルさんが私を見送ってくれ、また日本と、パースで会いましょうと笑顔で電車で出発しました。


オーストラリアから日本への帰国後に描き始めた宗次郎の「その後」が、家族愛に溢れたものになったのは、こちらのご一家のおかげです。
宗次郎が「長い年月をかけた友情と愛情によって、罪を償い、答えを見出していく」ということ、

そして、「マリア先生」のモデルは、こちらのご一家の、特にお母さんの性格がモデルになり、その深い愛情と優しさ、明るさ、笑顔が悪の世界に生きていた宗次郎をも明るく生きる希望へと導いていく、という姿のヒントとなって下さいました。

今、当時の事や、この旅行の事を書きながら思い出して、何だかとても胸がいっぱいになってしまいました。

市街地へ戻る電車の中で、「宗次郎のその後の制作を、これからも頑張ろう」と強く思いました。
このように、実際に体験した大きな愛と友情を、宗次郎を通じて長い時間をかけて表現させて頂ける、というのは、これ以上無い喜びです。
オーストラリアにご縁があったこと、ご一家に出会えた事、そしてこのように友情を育んでいける事、本当にありがたいと思っています。


16:00 パース市街の「エリザベスキー」へ。

夜に、お友達と再会するまで少し市街をお散歩します。
今回は、私が帰国後に建設されたエリアの「エリザベスキー」という場所に初めて行ってみました。

IMG_20190922_161851_convert_20191014154112 (1)

!!??
す、すごい!!!きれいな高層ビル群が!!!
こちらのビルはリッツカールトンで、すごく豪華なビルが立ち並んでいて観光スポットになっていました!

IMG_20190922_162106_convert_20191014154147 (1)


IMG_20190922_162429_convert_20191014154236 (1)

うわ~!!パースがすごい大都市みたいです!!

IMG_20190922_162503_convert_20191014154325 (1)


港があり、美しいビルや橋がかかっていて、お店もたくさんあり、すごい華やかな場所でした!!
先ほどまでいたのどかなエリアとは対照的で、パースも日々進化しているのだなあと驚きました。


IMG_20190922_162611_convert_20191014154407 (1)


IMG_20190922_163030_convert_20191014154447 (1)



IMG_20190922_163101_convert_20191014154529 (1)


18:00 お友達と再会へ。


日が暮れ始めてきました。夕食は剣道とアニメイベントのお友達と再会して飲茶へ行きました(*^▽^*)

集合の前に少し時間があったので、在住時によく行っていたアジア食品店へ行ってみました。

IMG_20190922_171731_convert_20191014154614 (1)


10年前、よく食べていた薄切り肉です(笑)


IMG_20190922_173223_convert_20191014154753 (1)

当時よく食べていた餃子です。なつかしさに涙が止まりません!

IMG_20190922_173250_convert_20191014154822 (1)

IMG_20190922_173323_convert_20191014154710 (1)

お店の雰囲気も全然変わっておらず、当時はよくこんな限られた日本食の生活で頑張っていたなあと、当時の日々を思い出しました。

IMG_20190922_175601_convert_20191014155119 (1)



夕暮れ時のチャイナタウンです。
これでもパースの繁華街で、大阪でいえば梅田やなんばのような位置づけの場所なのですが、この静けさ(笑)、本当に、国と文化が違うのだなあとしみじみ思いました。
パースは日曜には信じられないことにほとんどのお店が夕方17:00には閉まってしまい、レストランも一部の繁華街を除き開いていないので、それを忘れてしまい、あまりのゴーストタウン化にびびってしまいました。


IMG_20190922_175720_convert_20191014155035 (1)


18:00にお友達と集合し、飲茶レストランへ。
ここでもワゴン式の飲茶がとても美味しかったです!

ここで再会したお友達は、パースの大学の剣道クラブで出会い、彼らはアニメオタクでもあったので、コスプレイベントでもよく会って遊んでいたお友達です。

なんと彼らはゴールデンカムイもよく知っており、日本のスマホゲームも駆使するすごいオタクです(笑)
私が描いたアシリパさんの絵もとても喜んでくれ、やはり揺るがない趣味は人生を楽しくしてくれますし、

IMG_20190922_181938_convert_20191014165714 (1)

飲茶の後は、韓国系のふんわりかき氷屋さんでファイナルファンタジーや、彼らの「推し」について熱く語ってくれ、私の知らないたくさんのアニメや漫画を布教してくれました(笑)


その後、「時間あるかい?」「全然あるよー!」という流れになり、不思議なゴルフゲーム屋さんへ(笑)。
こちら、御覧頂くとわかるように、ミニパターゴルフのコースが色々なバラエティ溢れる大道具セットのようになっていて、各テーマごとの障害物を乗り越えてゴールを目指す、というミニゴルフに挑戦しました。

パースの市街地に、まさかこんなアナログなゲーム施設があるとは今まで知らず、でもやり始めるとすごくはまってしまうゲームでした(笑)

IMG_20190922_204345_convert_20191014170010 (1)


IMG_20190922_204725_convert_20191014170055 (1)

こちらは、「5」と書いてある札の上にあるボタンを押すと、ゴルフボールが空気圧で地面から頭上のバスタブに上がっていき、落ちてきたボールを打つ、という謎のコースです(笑)

IMG_20190922_205351_convert_20191014170857 (1)


オタクトークも、かき氷もゴルフもとても楽しくて、ここでも、本当に皆10年も暖かい友情をくれて、ありがたいなという気持ちでいっぱいになりました。

おみやげに、ゴルフゲームのスコアと、プレゼントのチョコとドーナツをもらい、また日本とパースで会おう!
と固くハグをしてパース滞在最後の夜を笑顔で終える事ができました。


IMG_20190922_230541_convert_20191014165826 (1)


ああ、私の人生は、本当に良いお友達に恵まれて、ありがたいなあ・・・・と、ほろりと涙が浮かびそうになりながら、これまでの10年間を思い出しました。




さあ、明日の5日目は早くもパースの最終日になってしまいました。

のんびりと御覧頂けたらとても嬉しいです(*^▽^*)

2019年9月21日 オーストラリア旅行記 【3日目】

オーストラリア旅行記3日目です(*^▽^*)


朝は、路線バスの旅へ。


3日目の朝は、6:00に起き、「かつての通勤ルートのバスに乗る」という路線バス旅を致しました(笑)

日本でふとした瞬間に「ああ、あの道、また通ってみたいなあ。どうなっているかなあ」と思う時があり、こちらもずっとやりたいと思っていたので、かつての思い出のバス路線を往復してみる、という遊び心から1日がスタートします(笑)


7:30 パースのバス亭へ。

IMG_20190921_082731_convert_20191013221159 (1)


この日は土曜日の早朝の為か、よく見ると人がいないですね(笑)
このバス亭は在住時にほぼ毎日のように使っていましたので、とても思い出深いです。
嬉しい時、大変な時、大荷物を担いでいったり来たりした時、本当に懐かしいなあとしみじみしながらバスを待ちます。

IMG_20190921_082514_convert_20191013221444 (1)

バスが到着し、バス、電車1日券(約1000円)を購入し、いざ1日のスタートです!
バスから見える景色。
のどかな公園やかわいらしい家並みが続きます。

IMG_20190921_084355_convert_20191013221529 (1)


運転手さんは、ターバンを巻いたインド系のおじさんでした。
なぜか運転がめちゃくちゃ荒く、ゆっったりと思い出を振り返りたかったのに、猛スピードで一般道を走行(笑)


IMG_20190921_084145_convert_20191013221353 (1)


こちらはかつて住んでいたエリアの小さなお店達。
皆元気かしら、と当時を懐かしんで、バスは進みます。
ふとした妄想で、このような海外の小さなお店や喫茶店で週3、4日くらい働いて、穏やかに暮らせたら・・・・と妄想することがあります(笑)


IMG_20190921_084730_convert_20191013221609 (1)

本当にのどかな町だな~と、今見返してびっくりしてしまいました(笑)


IMG_20190921_084748_convert_20191013221644 (1)


バスの中から。
人も交通も少なく、やはりのんびりしています。

IMG_20190921_085128_convert_20191013221722 (1)

パースの市街地から約20分。思い出のバス亭へ到着。

IMG_20190921_085432_convert_20191013221830 (1)


なぜここに来てみたかったかというと、このバス亭が「日本への帰国を決めた場所」だったからなのです。

私は普段、「思い出を振り返ってはいけない、ノルタルジーに惑わされてはいけない」
と自分を律しなければと思い、日本でもあまり必要以上に極度にオーストラリアの事を思い出したり、懐かしんだりしないように、
という気持ちで帰国から今まで生活してきました。
これからは日本でしっかりと生きていくのだ、という気持ちで頑張らなければと思い、必要以上に自分を追い込んでしまっていたのです。

しかし、帰国から約6年程が経ち、私自身帰国以来同じ職場で真面目に働く事ができ、地に足をつけて穏やかに生活することができ、創作に関しても自分が納得できる作品を描く事ができ、思いがけず瀬田読書会で20年以上憧れていた同人誌も読む事ができ夢が叶い、北海道編まで当たり前のように連載されている、様々な奇跡のような人生の変化を振り返って、
「本当に、よく頑張ったなあ」
という気持ちとともに、ふと、張り詰めていた気持ちが解きほぐれ、かつての思い出の場所を巡ってみたいという気持ちが沸き起こりました。

私が本当にやりたかった事、望んでいた事の一つ、

「オーストラリアに住んで、そして日本に帰国して、どちらの国でも一生懸命頑張る事ができて本当に良かった」

という、晴れやかな気持ちでこの場所に戻ってみたい、という思いがこの時に叶いました。
そこにたどり着くまでには長い年月がかかりましたが、自分の人生に納得ができた瞬間の一つでもありました。


IMG_20190921_085454_convert_20191013221916 (1)


一つの夢が叶った達成感に感動し、同じルートのバスで市街地へ戻ります。


IMG_20190921_085731_convert_20191013222048 (1)


あの頃は本当にありがとう!という気持ちを込めて、バス停を後にします。

IMG_20190921_090039_convert_20191013222129 (1)


帰り道の風景。この一つ一つのお店の中にも、たくさんの人々の人生が詰まっているのだなあ、と思うと、胸がいっぱいになります。


IMG_20190921_090120_convert_20191013222340 (1)

IMG_20190921_090129_convert_20191013222212 (1)


1時間ほどの路線バスの旅を終え、市街地へ戻りました。
まだ朝の9時頃で、お友達との約束は11時の待ち合わせなので、ちょっと電車に乗り、おしゃれな街へ足を延ばします。
交通の1日券を購入しているので、何でも乗り放題です(*^▽^*)

IMG_20190921_092530_convert_20191013222307 (1)


9:00 パース市街から電車で2駅、「スビアコ」というおしゃれな街へ。

IMG_20190921_093712_convert_20191013222442 (1)


IMG_20190921_093809_convert_20191013222552 (1)


こちらも、のんびりとしたおしゃれなカフェが連なるエリアです。

IMG_20190921_094940_convert_20191013222633 (1)

そして、パースの「コメダ」的カフェ、「ドームカフェ」へ。
今回の旅行では、カフェはこの「ドーム」カフェにしか行っていません(笑)!
様々なドームカフェをご覧いただけたらと思います。

IMG_20190921_100110_convert_20191013222748 (1)

地元の皆さんの憩いの場です。

IMG_20190921_100209_convert_20191013222823 (1)

本当に美しい街並みですね。

IMG_20190921_100924_convert_20191013222918 (1)

電車で市街地へ戻ります。

IMG_20190921_102537_convert_20191013223016 (1)

駅前の広場です。

IMG_20190921_103225_convert_20191013223108 (1)


今回の旅行中で、何度も通り、何度も写真を撮ってしまった歩道橋です(笑)。
この道も思い出の場所です。
嬉しい時、大変な時、様々な人生の場面を共に過ごした道で、今はゆったりと、晴れやかな気持ちで歩けるこの幸せと感謝の気持ちは、何にも代えられません。


IMG_20190921_104058_convert_20191013223149 (1)



以下は、写真が少なめになります(笑)

11:00 お友達と再会

昼は市街地で、10年前の渡豪時からパースで大変お世話になったお友達2名と再会しました。
お二人とも現地の男性と国際結婚をされ、約10年パースで力強く生きていらっしゃり、久々の再会を喜んで下さいました。

国際結婚というと、華やかで幸せいっぱい、というイメージがある方も多いかと思いますが、地道に働きお互いを助け合う、という点は日本と何ら変わりありません。
むしろ、言葉や文化の異なる外国で現地の人と同様に働き続け、日々変わる法律や制度に対応しながらの生活を続けていらっしゃる事に改めて尊敬の念しか湧きません。

写真は、注文したビールの飲み比べセットです(笑)

IMG_20190921_114855_convert_20191014112109 (1)


中華料理レストランでランチをした後、やはり「ドームカフェ」へ(笑)

日本の良さ、オーストラリアの良さ、思い出など、やはり10年の苦楽を共にしたお友達だからこそできる感慨深いお話に花が咲きました。
不思議な事に、私もお友達も、かつて抱いていた日本への不満だったり、オーストラリアへの不満などは消え、今は日本で生活できる事へのありがたみ、オーストラリアへの感謝の気持ちが溢れていた事に、とても心が温かくなりました。

どこに住んだとしても、一生懸命に生きる事には変わりなく、自らの姿勢によって人生を明るく広げていくことができるのだという会話ができた事がとても感慨深かったです。



15:00 パースのお友達へ、結婚祝いをプレゼント

私は日本にいる時、休みの日の予定などはほとんど無い生活なのですが、パースではほぼ分刻みな予定になってしまいました(笑)
会ってくれるお友達がいるというのは、とてもありがたいですね(*^▽^*)


午後からは、駅に迎えに来てもらい、オーストラリアでお世話になったご一家の皆さんと一緒に、そのご一家の娘さんへ日本からの結婚祝いをプレゼントする為にお家を訪ねました。
この箱の中に、きれいなペアグラスが入っています(笑)

ここから明日の午後まで、ご家族とのんびりと過ごしました(*^▽^*)

皆さんとは、現地で働いていた学校で出会いました。
当時生徒さん(男子)が学んでいた日本語クラスに私が当初ALT(言語教員補助)として入り、
お母様はその学校で先生として働かれていて、私と同世代の娘さん達はアニメが大好きな為出会った瞬間に意気投合し、一緒にコスプレ大会に参加したり、お互いの家や、日本とオーストラリアを何年にもわたって行き来しているご縁が続いている、私にとっては家族という言葉では表現できないくらいお世話になっているご一家です。

娘さんがご結婚され、そのお祝いを直接お渡ししたいと思っていたので、今回無事に渡すことができ、とても嬉しかったです。
結婚式のアルバムを見せてもらい、旦那さんもとても優しい方で、色々なお話を伺い、とても楽しく過ごすことができました。
ペアグラスも割れることなく届けられ、喜んでもらえてほっとしました。

娘さんの新居は、アンティーク風の愛あふれるお家で、人が生きる幸せって、こういうことなんだなあと、お家にいるだけで心に幸せが満ちて暖かい気持ちになりました(*^▽^*)


IMG_20190921_172828_convert_20191014113647 (1)


「もっしり」とした猫さんを発見!!
このあたりに住んでいる猫さんとのことです(*^▽^*)

IMG_20190921_170442_convert_20191014113607 (1)


IMG_20190921_170449_convert_20191014113859 (1)



IMG_20190921_174224_convert_20191014113733 (1)


夕方頃、ピザを買い、娘さんも一緒にご一家のお宅へ。
お母様、娘さん二人、弟さんと私の5人でのんびり夕食をとり、あれこれお互いの話をしたり、日本からお土産をプレゼントし、お土産のチョコを食べながら(やっぱり日本のチョコは美味しいと好評でした!)とても穏やかな夜を過ごしました(*^▽^*)
「昨日、あの学校の前をバスで通ったんだよ!ほら!」
と、写真を見せながらお話したり、とても楽しかったです。

娘さんの一人は美大を出て今でも作品を作り続けているエネルギッシュな作家さんなので、アトリエで色々な作品を見せてもらい、今までの、そしてこれからの作品についてお話を聞いたりして本当に楽しかったです。
また、私が描いた作品もとても喜んでくれ、今でも私が絵を描き続けている事を心から喜んでくれました。


今回の旅行では、たくさんの感慨深い瞬間に恵まれましたが、特に感動したところが、私の生徒さんで、出会った当時は16歳、現在は25歳になった彼が、本当に日本人のような流暢な日本語が話せるようになっており、お互いの今までの経験や、これからの将来の夢などの大人の会話を、日本語で話すことができたという事です。

彼は高校生の頃から日本語に夢中で、大学生の時に日本へ留学し、さらに卒業後は1年間日本で英語教師としても働いたとても熱心でひたむきな生き方を送っており、私はとても尊敬しています。
今は帰国し、新たに「理学療法士」となる為の勉強を始め、これから3年間猛勉強が始まると、とても大変そうでしたが楽しそうに話してくれました。

そしてお互い、日本とオーストラリアでの素晴らしい経験を活かして、これからの人生を頑張っていきたい、という会話ができ、私は本当に、長い年月をかけた愛と友情を感じ、生きていて良かったと思いました。

彼のこれからの人生がとても楽しみでたまりません。
そして私自身も、これからも未来に向けて頑張っていきたいと改めて思いました。


夜はのんびりと、チョコを食べながらサイコロゲームをしたりして、パースの夜を楽しく過ごし、
今日はホテルではなく、ご一家のお家へ泊まらせて頂きました(*^▽^*)

IMG_20190921_232710_convert_20191014113817 (1)


3日目も、朝から思い出の地を巡ったり、お友達との再会を祝ったり、オーストラリアのご一家と平和で感慨深い1日を過ごしたりと、とても忙しかったですが、心に愛と感動が溢れる1日を過ごさせて頂く事ができました。

なかなか毎日感じる事は難しいかと思いますが、「人が生きる幸せ」って、こういうことなんだなあと、しみじみと暖かく感じる1日となりました(*^▽^*)


そしてお気づきの通り、まだ北海道編第三巻が読めていません(笑)
本当は、到着初日くらいにパースの公園などでゆっくりと読もうと思っていたのですが、意外とゆっくりする時間が無い事に気づいてしまいました。
「そろそろ読まなくては」と、思い始めるのはこの後からになります(笑)



4日目に続きます。

2019年9月20日 オーストラリア旅行記 【2日目】

オーストラリア・パース旅行記 2日目です(*^▽^*)


昨晩無事、シンガポール航空でパースに到着しました。

今日は、パースに帰省した本来の目的、そして長年の夢を叶える日となりました!

のんびりと御覧頂けたらとても嬉しいです。



朝はパース市街へ

日本と季節が真逆のオーストラリアの9月は、日本の3月-4月にあたるので、暖かいかなと思っていましたが、滞在時には真冬のような寒さでした。

約4年ぶりのパースの街でして、ゆったりとした気分で、でも寒さにふるえながら小さな市街を歩きます。

市街地は1時間もあれば一周できてしまうような大きさで、以前と変わったところ、変わらないところなどを珍しく眺めながらあちこちろ歩き回りました。
なんと、パースにはユニクロもできていまして、すごい人気でしたよ!

とても美しい街並みで、ぜひ同志様も機会がありましたらご旅行下さい(^^)


IMG_20190920_092716_convert_20191013124427 (1)


IMG_20190920_092831_convert_20191013124342 (1)


IMG_20190920_093754_convert_20191013124533 (1)


IMG_20190920_093248_convert_20191013124458 (1)



本来の目的・銀行へ!

さて、パースに到着早々、ようやく私の本来の目的を叶える時がやってまいりました(笑)!!

それは、銀行口座の解約です!!

オーストラリアの銀行は日本とは異なり利子が多くつく為、また旅行に来た時用にと思い、滞在時に持っていた銀行口座を解約せず今まで維持し続けていました。
しかし、2010年に渡豪してから約10年、もう既に十分お世話になったと感じましたし、今回の旅行の費用も銀行の利子で賄う事ができるくらいになっていましたので、このあたりを区切りにしたいと思った次第です。
また、今は普通に元気でも、自分自身に何かがあった時に、海外に銀行口座が残っていたらやはり心が落ち着きませんから(^^)

口座解約はオンライン、電話、郵送のどちらも、本人確認が超困難(なぜか「母親のミドルネームを答えよ」「10年前に設定したパスワードを答えよ」という、不可能な質問をされ、郵送では「裁判所で複製証明を取った英文の本人確認書類を郵送せよ」という不可能な書類提出を求められ(笑))な為、

よし、じゃあ現地に行こう!

という結論となったのでした(笑)

そして、現地の支店ではどうだったかというと、2分で解約できました(笑)。

銀行員さんがとてもイケメンで長身で、それでいて絶対ゲイであろう中華系の細マッチョ銀行員さん(水泳選手っぽい筋肉の付き方)にパスポートとカードを見せ、1つ2つ質問に答えたら、爽やかかつセクシーなささやき声で「OK」と言って解約してくれました・・・・・ドキドキ・・・。


「よし、もう口座解約しよう!」
と思い立ってから色々と約半年近く準備していたので、いざ解約できた時、本当に肩の荷が下りてほっとしました(号泣)!

口座の解約が困難だったのも、お金を守ってくれているのですから当たり前といえば当たり前ですよね。

そして今回、10年前口座を開設した支店できちんとした形で解約ができて、まるでやっとオーストリアから正式に卒業ができたと思いました。

10年間、本当にありがとう!!という気持ちを込めて(*^▽^*)


IMG_20190920_103502_convert_20191013124607 (1)



IMG_20190920_104843_convert_20191013124646 (1)


長年の夢・ワイナリーツアーへ参加


長年の肩の荷が下り、ほっとした気持ちで、これからは別の、長年の夢を叶えに行きます!

それは、「観光客として、ワイナリーツアーを楽しむ」です。

私は約4年間オーストラリアの現地の小中高校で日本語教師として働いていまして、たくさんの貴重な経験をさせて頂くことができ、それは何にも代えられない人生の宝物です。
でも、たった一つだけ後悔していることがあります。

それは、現地で遊んだり、人生を楽しむ経験をしていなかった、という事です。

もちろん、滞在初期の頃には、旅行をしたり、現地のコスプレイベントに参加したりと、人生を楽しんでいましたが、やがて現地の学校で採用され、就労ビザ取得の話をもらえるようになってからは、
「もっと勉強しなければ、もっと働かなければ」と、自分を追い詰める気持ちでいっぱいになり、遊びなどに誘ってもらうことはあっても断ってしまい、もっともっと頑張らなきゃ、という気持ちで何年も生活してしまっていました。

海外で働くにあたって、それはとても大切なガッツではあると思いますし、若い頃であればそのくらいの努力は必要であるかとは思いますが、今、日本で落ち着いた生活をしている中でふと思うのは、

「もっと、日々の生活や、お友達との遊びやパーティーを楽しんでおけばよかった」

という思いが湧くのです。

そして、私が働いていた学校の地域にはワイナリーがたくさんあり、気軽に参加できるツアーがあったにも関わらず、4年間一度も行った事がありませんでした。

帰国してからその事がふと思い浮かび、
「ああ、ワイナリーに行ってみたいなあ」
という気持ちで何年も過ごしており、今回やっとその夢を叶える事ができました!

写真が多めなので、のんびりと現地で参加しているような気持ちでご覧頂けたらとても嬉しいです(*^▽^*)



市街地から車で約30分程で、ワイナリー地域へ。
今回、偶然にもとても優しくて素敵な日本からの一人旅の女性が参加されており、車内では一人旅、海外生活トークで一瞬で意気投合!
帰国後にお会いすることにもなり、人生のご縁の面白さに思わず思い出して笑顔があふれます(*^▽^*)


IMG_20190920_121019_convert_20191013125305 (1)


車窓から見えるワイナリーが、美しい・・・・・。

IMG_20190920_121024_convert_20191013125336 (1)


今回は3軒のワイナリーを巡るツアーでした!
1軒目は大きめの施設の立派なワイナリーでした(*^▽^*)


IMG_20190920_130402_convert_20191013125627 (1)

メニュー表。この中から4種類くらい飲ませてもらいました。
スパークリングワインをお友達に購入しました♪

IMG_20190920_121803_convert_20191013125404 (1)


ワイナリーで説明して下さったお姉さんと、陽気なおじさん(笑)

IMG_20190920_122428_convert_20191013125516 (1)


ワイナリー内のお店。とってもおしゃれでした。

IMG_20190920_122929_convert_20191013125543 (1)


「スワンリバー」という、パースを流れるメインの川です。
静かな流れに、鳥のさえずりが聞こえ、

「私はこんなに美しい場所に住んでいたんですね。当時は働く事に必死で気づきませんでした・・・・・・・」

という本音がつい漏れました。

本来は一人で参加する予定だったのが、それを優しく聞いて下さる日本人女性の方がいて下さるというのはご縁というものは不思議なものだと感じます。


IMG_20190920_125138_convert_20191013125818 (1)


バスツアーは12:00-17:00くらいまでの半日コースで、色々な国から約15名程の観光客の方々が参加されていました。
のんびりとしたおじいさん、おばあさんが多かったです(笑)

IMG_20190920_131203_convert_20191013125902 (1)


車窓からの風景ものんびりとしていて、「こんな場所があるんだなあ」と、感慨深く眺めていました。

IMG_20190920_131617_convert_20191013125938 (1)



2軒目のワイナリーへ。

あまりの美しさと穏やかさに、言葉がありません・・・・。

IMG_20190920_131821_convert_20191013130029 (1)

IMG_20190920_131902_convert_20191013130118 (1)

IMG_20190920_131924_convert_20191013130224 (1)


参加者の皆さんでチーズと一緒にワインの試飲。とてものどかで、穏やかな雰囲気でした。

IMG_20190920_132102_convert_20191013130259 (1)


IMG_20190920_132116_convert_20191013130336 (1)

IMG_20190920_132302_convert_20191013130405 (1)



たくさんのチーズがあり、どれも美味しかったです。

IMG_20190920_132429_convert_20191013130442 (1)


ワイナリーのおじさんが、ワインの特徴などを色々と説明してくれました。


IMG_20190920_134127_convert_20191013130519 (1)



こんな場所に穏やかに住めたらなあと憧れてしまう、とても素敵なワイナリーでした。


IMG_20190920_135451_convert_20191013130609 (1)


ツアーのバスで次はチョコレート工場へ。

IMG_20190920_135622_convert_20191013130900 (1)


「マーガレットリバーチョコレートファクトリー」という、パースで有名なチョコレート工場へ。


IMG_20190920_141154_convert_20191013130954 (1)

一目ぼれしたチョコです!
すごく大きいのに、何も考えず買ってしまいました(笑)!!

IMG_20190920_141330_convert_20191013131030 (1)


「クオッカ」という、笑顔に見えるリスさんのような動物のチョコです(*^▽^*)

IMG_20190920_141341_convert_20191013131151 (1)


チョコレートの試食し放題コーナー。
この後、合計約8000円分のチョコを爆買いしてしまいました(笑)
お世話になった地域に、少しでもお金を落とせた事が本当に嬉しくて嬉しくて!

IMG_20190920_141508_convert_20191013131102 (1)



そして、次のワイナリーへ。

すると、やっと長年の夢を叶え、感動しながら人生を振り返っていた私に、神様がちょっとした粋なプレゼントを下さいました。

なんと、ツアーのバスが、私がかつて働いていた学校の前を通ったのです!!

ほんの一瞬の事でしたが、周りの風景が徐々にかつての見慣れた道になり、様々な見慣れた看板が現れて、まさかと思った瞬間のまさかの再会でした。

道の風景から、もしやと思ったので、一瞬でもカメラで写真を撮る事ができ、その写真は現像して宝物として持っています。
10年前過ごした、まさに青春の土地で、近くに行けるだけでもいいと思っていたのが、まさか目の前を通るだなんて・・・!

その事も、今回の旅で一緒になった日本人女性の方にお話しして、私は感動で涙が浮かんでしまったのですが、それも

「本当に良かったですね・・・!やっぱりご縁があるんですよ、本当に良かったですね・・・!」

と、彼女の方までもらい泣きして下さって、溢れる感動を共にして頂き、心からありがたかったです。

その学校はクリスチャンの学校で、私はキリスト教徒でもなんでもないのですが、今回の経験は、きっと神様が遊び心で学校に会わせてくれたのだと信じています。



IMG_20190920_144936_convert_20191013131313 (1)


3軒目のワイナリーは、家族経営でとても小さくアットホームなワイナリーでした。
ワインの試飲を繰り返し、もうこのあたりでツアーの皆さんもほろ酔い状態に(笑)

IMG_20190920_145843_convert_20191013131511 (1)


そんな時に、おキャット様が!!!!!

IMG_20190920_145453_convert_20191013131349 (1)


なんと、どんどんこちらに寄ってくるではありませんか!!
そして、おもむろに私にすりすりして下さり、遊んでくださるではありませんか!!


IMG_20190920_151737_convert_20191013131640 (1)


バスと、おキャット様です。

IMG_20190920_151656_convert_20191013131601 (1)



オーストラリアのおキャット様も、尊い・・・・・・・・・・・!

IMG_20190920_152027_convert_20191013131718 (1)


この後、ほろ酔いの皆さんでカフェに行き、コーヒーを飲みながら出身地などの世間話をして(「〇〇ってシドニーのどのあたりなんですか?へえ~!そんなところに!?」のような(笑))、市街地への家路につきました。

皆さん本当に親切にして下さり、癒され、本当に楽しかったです(*^▽^*)


IMG_20190920_161922_convert_20191013131758 (1)


また来年、今度はお友達と参加するよ~(*^▽^*)
と心の中で呟きながら、市街地へ向かいます。

ワイナリー地区から市街地への道は、私が昔住んでいた地域でもあるので、その懐かしさにまた涙が浮かびました。

「ああ、あの駅懐かしいな、あのスーパーによく行ったな、あの時、あそこであんな事があったな・・・・・・」
など、リアル思ひでぽろぽろというか、そんな気持ちで胸が熱くなりました。


IMG_20190920_162629_convert_20191013131859 (1)


18:00頃、市街地へ戻り、夕食はお友達と飲茶レストランへ。


パースの図書館で、滞在当時大変お世話になったお友達と待ち合わせをし、市街の飲茶へ。
皆さん私のパースへの帰国を大変喜んでくれ、思い出話と、近況のお話でにぎやかに過ごしました(*^▽^*)

お会いした皆さんは私がパースでがむしゃらに働いていた時の事をご存じなので、日本への帰国後、今は心穏やかに働き、暮らして人生を楽しんでいる事を喜んで下さり、また、最近私事では職場で管理職に昇格した事を報告し、日本でもしっかり努力した状態で今回パースに帰国ができた事を心から喜んで下さいました。

そして、「この10年、大変お世話になりました」と、穏やかな心でお礼を言う事ができた事が、本当に嬉しかったです。


IMG_20190920_175610_convert_20191013132723 (1)

IMG_20190920_175620_convert_20191013132754 (1)

食べかけで申し訳ありませんが(笑)、ワゴン式の飲茶は最高でした!

IMG_20190920_181805_convert_20191013132936 (1)


飲茶後、パースの「コメダ」的存在のカフェ(笑)、ドームカフェへ。

当時大変お世話になり、今もパースに在住しているお友達が、今度オーストラリア人でも日本人でもない方と国際結婚をすることになり、今後の生活や、ビザの事などについてお話が尽きませんでした!

個人のビザの取得だけでも大変なのに、配偶者のビザをこれから申請するガッツと頼りがいに、本当に尊敬の念しかありません。

IMG_20190920_203647_convert_20191013133014 (1)


お話は尽きず、10時頃にお開きとなり、帰り道でもお友達と、かつての苦労話に花を咲かせながら、お互いの人生についてお話し、
「日本でまたディズニーシーに行きましょうね!」とお約束をして、溢れる感謝と晴れやかな心で家路につきました。

IMG_20190920_205318_convert_20191013133042 (1)


長年の肩の荷を下ろし、夢を叶え、思いがけない神様の粋なプレゼントを頂き(笑)、10年間の友情を感慨深く振り返った、あっという間のようで長い1日を終え、ホテルへ帰りました。
お友達の家に泊まるスタイルではなくホテル泊は、とても気が楽でいいですね(*^▽^*)


出発から今まで、北海道編を読む時間と心の余裕がありませんでしたが、パースでのこのような愛と感動の経験によって、当サイト「スナック凛」の「宗次郎のその後」が生まれ、また新たな物語へと続いている、という事が少しでもお伝えできたらと願っています。


IMG_20190920_215630_convert_20191013133329 (1)



パース3日目も、今後アップさせて頂きますので、のんびりとご覧頂けたらとても嬉しいです(*^▽^*)