FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成では、大変お世話になりました! 令和でもよろしくお願いいたします!!

同志様、ご無沙汰しております!

毎度、月1ペース程の更新ではありますが、2019年になってもアクセス&拍手&メッセージまで頂き、同志様の温かく、広いお心にいつも驚き、感謝いたしております(*^▽^*)




早いもので、もう今日で平成が幕を閉じますね。




私は今、この記事を日本で地に足をつけて平成を無事見送れる、というとても晴れやかで穏やかな気持ちと、次の新しい時代へのわくわくした気持ちで書かせて頂いています。


おかげさまで私はこの度先日から10連休に入り、ゆっくりと平成を振り返ったり、令和でやりたい事などに思いを巡らせたりして過ごしています。

多くのるろ剣リアルタイム世代様と同じく、昭和生まれ平成育ちで、平成への改元の際には物心がついていなかったので、今回の改元は初めての経験です。


実際に生きた時代は平成ですので、まさに平成は私の青春そのものでした。

子供時代にるろうに剣心に巡り会い、人生を教えてもらい、励まされ、様々な人生の変化の中に、いつもるろうに剣心が寄り添ってくれている、そんな、剣心達と共に生きた平成であったと、私は感じています。



「もう漫画や同人活動は卒業しなきゃ」


と、漫画を読むことすらやめてしまい、「普通の女性にならなきゃ」と、「普通の女性への擬態」に必死だった時代が、私にはありました。

それはそれでとても大切な時期だったとは思いますが、「こうすれば普通の女性になれて、幸せになれるはず」という擬態の人生に私は幸せや充実感、生きる喜びを感じることはできませんでした。
当時は20代前半で、若さと希望にあふれているはずが、何をしても一人とても孤独だった事をよく覚えています。


そんなある日、ふとしたきっかけで10年ぶりにるろ剣をブックオフで読み返した事で衝撃を受け、いてもたってもいられず成人後に生まれて初めて漫画を描き始め、表現したい事が止まらず、次々と漫画を描き、このブログサイトでアップし、本当にやりたい事を通じて、人生が開け、素晴らしい同志様達に恵まれる喜びを教えて頂きました。


また、人生の変化と共に描きたい事も変化し、後から振り返ると、今まで描いた漫画達は何にも代えがたい人生の宝物になってくれました。



そして何より、平成で一番ありがたく、嬉しかった事は、かけがえのない同志様達に出会えた事です。

このブログサイトは2008年から宗次郎・志々雄一派中心で書かせて頂いていますが、長い間、温かく励まして頂き、途中数年間の海外生活の間、創作や絵が満足に描けなかった時ですらメッセージを下さり、支えて下さり、帰国後に創作を再開した後も、温かく作品を喜んで迎えて下さる、そして、るろうに剣心のたくさんの嬉しいニュースに喜び、悲しいニュースも共に乗り越え、歩んで下さる、こんなにありがたいご縁があるだろうかと、今も文章を書きながら当時の事や、今までの事を思い出して時々涙につまりながら書いています。


同志様のおかげで、気づいたら孤独だった私の人生は愛と友情にあふれ、生きる喜びに満ちたものになっていました。




令和では、平成でるろうに剣心と同志様に頂いたたくさんの愛と友情を創作で表現させて頂きたいと強く願っています。




そして、同志様にとって新しい時代が、

「令和」の

「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ」

という、優しさと希望の溢れる良い時代となりますよう、心から願っています。



それでは、明日から新しい時代が始まりますね!


令和になってもまだまだこの「スナック凛」は続きますが(笑)、これからもスナックのようにふらりと遊びにいらして下さいませね!



平成では、大変お世話になりました。


令和でも、よろしくお願いいたします!





平成最後の日にやりたい事が、「このブログを書く」という事だという事が、何よりも嬉しい事でした(号泣)

平成では本当に、本当に、ありがとうございました!!!!









以下は、メッセージを下さった同志様へのお返事です。

平成ではいつも温かいメッセージをありがとうございました!!

令和になっても、よろしくお願いいたします!!(*^▽^*)

続きを読む »

スポンサーサイト

るろぷち2019参加させて頂きます!

同志様、ご無沙汰しております!

月1ペースの更新ですが、アクセス&拍手まで頂き本当にありがとうございます。



新元号、ついに発表されましたね!!


「令和」


聞いた瞬間にすっと心に入ってくる、とても爽やかで未来を感じる響きで、私はとても素敵だと思います(*^▽^*)


私は今日、会社で上司が「わんぱくな小学生のような字」で急いで書いた「令和」のボードを持って走り回る様子で新元号を知りました(笑)


このように日本で、安心して地に足をつけて生きられる環境で新時代を迎えられる事を本当にとてもありがたいと思っています。




そして、取り急ぎ突然のご報告となりますが、今年の「るろぷち2019」に参加させて頂くことに致しましたのでご報告させて頂きます(*^▽^*)


やはり頭より先に、心が、体が、血が騒ぎ、動いてしまうのです!!!!


今後の事は決まり次第こちらのブログやtwitterでご報告させて頂きますので、今後ともよろしくお願いいたします!



新しい時代に、東京ビッグサイトで同志様と北海道編のお話をさせて頂く事ができ、それに向かって本作りができるなんて(号泣)!!



同志様と再会させて頂けますのが今から本当に楽しみでなりません!!!


またあたふたといたしますが、


新しい時代も、スナックのようにおつきあい頂けましたらとても嬉しいです(*^▽^*)!!!



そして、これからの新しい時代が同志様にとって笑顔と喜びの多い時代となるように心からお祈りいたしております。






CCI_000078 (2)
CCI_000081 (2) - コピー



※「新しい時代」の爽やかさを感じる絵だと思いましたので、アップさせて頂きました。

昨年の春コミの新刊内の見開きページです(*^▽^*)

北海道編 第二巻を読んで。

同志様!大変ご無沙汰しております!

2019年にアクセス&拍手まで頂き、いつもまことにありがとうございます!!

更新は月1ペース程ではありますが、このブログサイトは私自身にとって家やスナックのような大切な場所ですので、

ふとした時に遊びにいらして頂いて、

「ああ、凛さん今月も元気なんだ!!」

くらいの(笑)、スナックを訪れる感覚でご覧頂けたらとてもありがたいです(^^)




おかげさまで、先月無事に北海道編第二巻を拝読させて頂くことができました。


「執着から離れた時に、夢は叶う」


という言葉は本当によくできていると、うなってしまったのですが、私自身ブログ開設当時の

「北海道編を自分が描くしかない」

と思い詰めていてた(笑)頃のエネルギーが落ち着き、自分の中で宗次郎の「その後」が完了している今に、このように当たり前のように毎月北海道編が連載され、コミックスを手に取る事ができるようになっている事に人生の大きな驚きと、深い喜びを感じています。


私は北海道編についてはもっぱらコミックスでまとめ読み派で、毎月のSQは購入していないのですが、

コミックスですら、るろ剣リアルタイム世代の自分にとっては「月間発行」くらいのペースに感じられてしまい(笑)、

「SQの月間発行=週刊少年ジャンプ」レベルのペースに感じられて気持ちがあたふたしまうので、コミックス派になりました(^^)

20年待ち続けた北海道編ですので、まとまった数のストーリーを、きちんとしたコンディションで読ませて頂きたい、と思っています。




ストーリーや内容については省かせて頂きますが、今回も各キャラクターの成長や変化、変わらない友情に涙が溢れました。


特に心に残った場面は、やはり三島栄次の登場と、彼の成長です。

このブログサイトの「宗次郎のその後」の中で、徐々にこの数年宗次郎より栄次の生き様を描く事が多くなった為、ということもあり、個人的にものすごく思い入れがある人物です。


「緋村先生には、俺の命と、兄の誇りを守って頂きました」

という栄次の成長した言葉がとても心に響きました。

まだ描かれてはいませんが、斎藤さん、時尾さんを始め、新月村の後、栄次をまっとうに育ててくれた人たちがいたのだろうと感じます。

栄次と悪太郎はほぼ同じ年齢ですが、栄次も剣心、斎藤一に出会わなければその後は悪太郎のようになっていたのかもしれないと思うと、本当に感慨深いです。

今のところは「小鬼」である彼が、宗次郎はじめ志々雄一派との闘いの中で「復讐の悪鬼」へ変貌するのだと予想していますが、

きっとその時に剣心は


「時が経ち、かつて小さかったこの手は大きくなった。

これからはこの手を復讐ではなく、自らの為に使い、幸せになるでござるよ」


と、再び諭してくれるのだろうと思っています。



他の場面では、「ゴールデンカムイ」を読んでいるからか、樺戸集治監の攻撃の場面など、

「あ!!見たことある!!」

という嬉しいリアクションをすることもでき(笑)、楽しませて頂きました!


あと、第一巻登場時には正直心に入って来なかった(笑)「剣客兵器」の面々も、読み進めるうちに愛着がわき(笑)、

リーダー的な(テレビのプロデューサー風の)彼の事は、最近私の中で「なんか憎めない奴」になりつつあります(笑)



そして、SQは読んでいないので正確な事はわかりませんが、宗次郎も元気に活躍しているとの噂に、感動、感激、という気持ちを通り越して、


「盟友、戦友の生存を喜ぶ」

という、なんとも表現できない幸福な気持ちでいっぱいです。





第三巻は夏頃の発売とのこと。

本当にもうすぐですね(笑)





20年待ち続けた北海道編が、追いかけてくる(笑)





人生の素晴らしさを、時を超えて再びるろうに剣心から学ばせて頂いている気がしています(笑)




季節の変わり目で寒暖の差が激しい折、同志様もお体にお気をつけてお過ごし下さいませ(*^▽^*)


またスナックのようにふらりと遊びにいらして下さいませね!!







今年もよろしくお願いいたします!

同志様!!大変遅ればせながら、2019年あけましておめでとうございます!!


昨年は、東京イベントや、サイトやtwitterで大変ご親切にして頂き、温かい励ましや応援をまことにありがとうございました。

2008年から始めさせて頂いた(!!!)このサイトもおかげさまで10年を超え、
多くのるろ剣フィーバーをこのように同志様とお祝いさせて頂けたことを本当に心からありがたいと思っております。


宗次郎に恋をしてから早20年、私自身も年月とともに様々な人生の変化がありましたが、温かく迎えて下さる同志様がいて下さる事、帰る港、スナックがあるということはこの10年間、とても大きな私の心の支えとなってくれました。


なんと北海道編では宗次郎が再登場しているとのことで、思った以上に元気そうで私もとても嬉しいです(*^▽^*)

実は北海道編は、3話以降まだ読んでいませんでして、これからコミックスでまとめて読ませて頂けるのが待ち遠しくてたまりません!

20年待ち望んだ事に、今自分がついていけていないだなんて、人生は本当に素晴らしいですね(笑)



おかげさまで、2018年は十分な充電活動をさせて頂くことができたので、今年は描き残していた「その後」のストーリーを漫画にさせて頂きたいと思っています(*^▽^*)


やはり、漫画を描くとなると全身から「生命力」のようなものが出てきまして、とても楽しいですね(笑)!

穏やかな生活をさせて頂いていた時とはまた別の、目の奥から生命力、喜怒哀楽が出てくる感じが(笑)、とても好きです(笑)


明治から大正、そして昭和にかけて、宗次郎が残した強さと優しさを描くストーリーになり、こんな広がりを持つ世界に携わることができたことをとてもありがたく思っています。

久々に、宗次郎、あかりちゃん、かがりちゃん、栄次、マリア先生に会えますし、剣心の子孫や縁や巴さん達も描くことになりそうで、また忙しくなります~(笑)!



るろうに剣心から、20年の時を超えて学んだ「生きる素晴らしさ」を、少しでも表現させて頂くことができたら、と願っています。




以下は、メッセージを下さった同志様へのお返事です(*^▽^*)

いつも本当にありがとうございます!!





続きを読む »

2018年の今年の漢字。

同志様!!ご無沙汰しております(*^▽^*)


いつのまにかもう来月は2019年(!!!!)ですが、同志様はいかがお過ごしでしょうか?

2008年に、るろ剣フィーバーの影も形も無かった頃に孤独の中から始めさせて頂いたこのブログもいつのまにか10年が経ち、
気づいたら当たり前のように毎月北海道編が連載している、という奇跡の現実にたどり着いていました(笑)


昨年は、自分の「2017年の今年の漢字」について考えた時に、

「心・技・体」

という漢字で、創作、イベント参加に能動的に参加できた充実感、達成感の喜びを表現させて頂きました。



今年はどんな感じが当てはまるかな、と考えたところ、


「友情」


という言葉が心から沸き起こりました。


これは、同志様との友情、そしてるろうに剣心という作品、自身の創作との「友情」が以前よりもさらにとても深く、穏やかな場所にたどり着いたと感じられるようになったからです。


宗次郎をはじめ、公式、オリジナル設定に関わらず、るろうに剣心の登場人物達が自分にとって本当の友人のように感じられる感覚になり、すごく心が温かく、にぎやかで、そして幸福感に満ちています。


まだ作画などはできていませんが、心の中で、キャラクター達がそれぞれ自分の人生を一生懸命生きてくれていて、宗次郎が残した「強さや優しさ」がとても良い方向に、地に足のついた「その後」がどんどん広がっていき、長く創作に携わる喜び、キャラクターの人生を見つめる喜びを深く感じられる1年になりました。


少し「その後」を書かせて頂くと、

晩年の宗次郎は盲学校の先生(教師、という程堅くなく、医者兼、学校の先生といった雰囲気です。)となる、という「その後」にたどり着きました。

子供たちは宗次郎の姿の美しさや、剣の強さを見る事はできないけれど、宗次郎の心の美しさや強さ、優しさを感じ取り、宗次郎が温かい愛と友情に恵まれて晩年を過ごす、という姿が思い浮かび、本当に嬉しいです。

その宗次郎の姿を、過去を知る栄次が心から喜び、感慨深く思う、という友情にもたどり着くことができ、自分の創作なのに自分自身が感慨深くなってしまいました。


戦いの果てに、たどり着くものが「友情」だった、というのは、るろうに剣心や創作だけのお話ではなく、実際の人生でもそのような経験や実感をすることが今年は多く、実際に感じた事を創作に生かす事ができることをとてもありがたいと思っております。



そして、いつも大変驚かされている事が、同志様との友情です。

当ブログの創作は、「長い時間をかけた友情、許し、希望」を描きたい、と願っている事から、各漫画のエピソードがつながっていたり、更新、完結までに長い時間がかかっているのですが、同志様が大変広いお心と優しさで見守り、応援して下さっており、その温かさにいつも驚き、感動致しております。

同志様より頂いたご縁と友情は何よりの人生の宝物です。
これからもるろうに剣心と共に、様々な人生の変化を共に喜び、お祝いしていけたら、と心から願っています(*^▽^*)



そして、もう来月は2019年ですね!!

これからさらに2019年も盛り上がるるろ剣フィーバーを同志様とお祝いさせて頂けますのを楽しみに致しております!!

それでは、今年の冬は寒暖の差が激しいですが、お体にお気をつけてお過ごしくださいませ(*^▽^*)





以下は頂いたメッセージへのお返事です(*^▽^*)

2018年に同志様よりとても温かいメッセージを頂く事ができ、本当嬉しいです!!(号泣)

続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。