FC2ブログ

振り返りの時

同志様ご無沙汰しております(*^▽^*)

だんだんと涼しくなってまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか?

私は最近、このご時勢の為か、またるろ剣リアルタイム世代の為か(笑)、おそらく両方の為かと思いますが、


「去年の今頃は、オーストラリアのパースに行っていたなあ」

「4年前の今頃は、初めて瀬田読書会に参加したなあ」

「10年前の今頃は、オーストラリアの学校で働いていたなあ」

と、今までの出来事を振り返り始めました。

きっと、今まで人生に一生懸命だった、まるで「開墾」「開拓」のような時を経て、振り返りの時にさしかかったのだと思います(^^)

そんな時にも、2008年から始めたこのブログは当時の事を振り返る時にこれ以上無いほど最適で、読んでいると当時の出来事や気持ちがありありと思い出され、何とも言えない熱い想いがこみ上げます。


「今の自分を励ましてくれるのは、過去の自分」


という意味をひしひしと感じています。



そんな時期のせいか、また新しい漫画が思い浮かんでしまいました(笑)

宗次郎の死後、宗次郎のひ孫や宗次郎の盲学校の生徒が彼が残したものについて語り合う、というストーリーで、
最初は10ページくらいの短めの漫画にしようと思ったのが、やはりいつもの癖で伸びに伸びてしまって(笑)、30ページくらいになるのではと予想しています。

長編のように300ページかかる、というものではないので、久々に形にしたいなあとふつふつと思っています。


その時描く漫画は、本当にその時の自身の気持ちや環境を反映していて面白いですね(*^▽^*)


当時、たくさんの新しい経験と冒険に飛び込んで楽しんだ自分に「ありがとう」と言ってあげたいです(笑)





スポンサーサイト



2020年10月11日 COMIC CITY SPARK15 についてのご報告です。

同志様、ご無沙汰しております。

早いもので、もう夏休みの時期ですね!

なかなか外出が難しい世の中ですが、出来る範囲で夏を楽しんでいけるようあれこれ模索しています(笑)

今年は大阪や長野県への日帰り旅行をして、夏の木々の緑や川を楽しみたいです!




今回、同志様にご報告がございます。

とても残念ですが、2020年10月11日 COMIC CITY SPARK15 へのサークル参加を辞退させて頂く事に致しました。

このご時世なので恐らくご理解頂けるかとは存じますが、

昨今のコロナウイルスによる影響で、関東地方への旅行そのものが勤務先から禁止されており、
もし参加が出来たとしても、多くの参加者様が集まるイベント会場で同志様と安全に楽しむ事が難しいと判断致しました。


2018年3月以来のイベントでしたので参加がとても楽しみでたまりませんでしたが、次回コロナが収束し、安全に参加が出来るようになった時に改めて同志様と再会させて頂き、
「あんな事もありましたね、お元気でいらっしゃいましたか?」
という感慨深いお話をさせて頂けるよう願っています。

幸い、発行予定の本のあらすじ、宗次郎の「その後」の流れは既に全て文章としてアップさせて頂いていますので、作品としては完結した状態でご覧頂けるようになっています。
これからは漫画部分を少しずつアップさせて頂き、御覧頂けるようにしていきたいと思っております。


新刊の発行は次回のイベント時に延期させて頂き、「本」はやはり直接対面でお渡ししたいというのが本心です。

嬉しい事に、年月が経つにつれ自分の中で「その後」の人物達の会話や表情がより豊かになり、

今までは思い浮かばなかった味わい深い場面がふっと浮かぶようになり、もう少しこの喜びを楽しんでいきたいと思っていました。

自分の中で、

「10月に本にして完成したら、もう本当に終わってしまうんだな・・・・・・・・・・」

という寂しさが本音として心の中にあったのだと思います。



先日は、すごく納得できる「マリア先生の亡くなり方」が浮かびまして、それは

「宗次郎に見守られてベッドで亡くなる」というものではなく、

「子供達への授業中、今までの人生について少し雑談した後、練習問題をさせている間に教室の窓に寄りかかり外を眺めている内に立ったまま旅立つ」

というものでした。


画面が頭の中で見えた時に、「ああ!これこれ!!」と、とても嬉しく、感慨深くなりました。

他にも、色々な場面が浮かぶ度に感動があります。



今年のイベントで同志様とお会い出来ないのはとても残念ですが、今までのイベントや瀬田読書会で思い残す事なく宗次郎の同人活動を楽しめた事に感謝し、これからは少し長い時間をかけてその「まとめ」の段階に入っていく時なのだなと感じています。

もう少しだけ「その後」の人物達との日々を楽しませて下さい(笑)




なかなか自由な行動が難しいご時世ですが、いつか同志様に再びお会い出来るよう願っています。

同志様もお体にお気をつけて夏を楽しまれて下さいませ。


それでは、今後ともよろしくお願いいたします(*^▽^*)



鬼滅の刃 ~春に~

同志様、ご無沙汰しております(*^▽^*)

宗次郎と関係無いですが、鬼滅の刃の二人を描いてみました(笑)!

実は全く読んだ事が無く、

「アニメを2話くらいみて、あとはウィキペディアとネタバレサイトであらすじを追っています。

あとはキャラクターの絵を見てエピソードを想像しています。」

と正直に鬼滅ファンの会社の若者に言ったところ、すごく怒られました(笑)


kimetsu2.jpeg

画像が若干「もやっ」としている・・・(笑)

twitterにアップさせて頂いた写真版の方がクリアかと思いますのでよろしければ御覧頂けたらと思います(^^)

初めて描く人物って、新鮮で楽しいですね!

ところどころ詳細は間違っているかもしれませんが、だいたい合っていると思いますので大目に見て頂けたら嬉しいです(笑)


あと、画像の取り込みや加工の為に、そろそろipadを購入しようかしら・・・と思い始めています(^^)


初めてのipad、ドキドキです!

北海道編第4巻読みました(^^) そして最近感じた「答え」。

同志様、ご無沙汰しております(*^▽^*)

コロナの記憶が少しずつ遠い思い出になりつつある今、いかがお過ごしでしょうか?

気持ちが伝わりましたらとても嬉しいのですが、私は自粛期間の、まるで世界中が「静かな大文化祭」をしているかのような一体感と非日常感が実はすごく好きだったんだなという事に最近気づきました。
ほんの数か月前ですが、あの静かな空気感、静謐な雰囲気が、今はとても懐かしくて恋しいと思っています。


私は少し職場を含めて人生の変わり目で(同志様にご心配頂くようなすごく良い事や悪い事、という事ではなく、ごく一般的な感じの変わり目です(笑))、すごく気持ちが忙しい日々を過ごしているのですが、色々な人生の変化の時にも自分の創作が寄り添って励ましてくれる感覚はずっと変わらないので、2008年から創作と本当に良い「パートナーシップ」を築けた12年(!)だったなあとしみじみ感じています。

そして、先日やっと北海道編第4巻を読み終えました!
購入から約1か月程置いていて、先日やっと読みまして、2020年に公式の単行本で宗次郎や張、鎌足さんが相変わらずの姿で生きている姿に本当にびっくりしています。


るろ剣リアルタイム世代になってくると、もう既に

「緋村さんと志々雄さん、どちらが正しいわけでも間違っているわけでもないんだよ。

職に就いてまっとうに働きなさい。」

という「答え」を宗次郎に言いたくなりますが(笑)、そこをぐっとこらえて彼の人生を見守りましょう。


このペースだと北海道編が完結するまでにあと5年~7年くらいはかかるのでしょうか。
映画も来年に延期されましたし、気長に同志様と待つ事ができたらと思っています。
あんなに待ち焦がれて妄想すらもできなかった北海道編が当たり前のように存在している世界って、12年前の創作を始めたばかりの自分に言いに行ってもきっと信じないでしょうね。
そのくらい、人生は不思議だということですね(^^)

自分が創作したはずの宗次郎の「その後」を読み返してみて、自分が書いたはずなのに

「人間ドラマや設定として、自分が書いた『その後』も十分公式っぽいぞ!」

という自分なりの「答え」を感じました。
すごくおこがましいですが、それが北海道編第4巻を読んだ感想の一部でもあります。

『その後』を創作している時にはあまり気づかないのですが、後から読み返してみて
「皆すごい人生を送っているな~」と、自分で感心してしまう事があります。

第4巻を読みながら、剣心の体調が悪化する姿を見て彼が少しでも早く、戦闘とは違った方法で人々を守る道に進む事が出来たらなと願って止みません。



本当に、るろ剣とともに長い間色々な社会の変化を経験させて頂きましたので、北海道編が完結する頃、東京や新潟で同志様と
「るろ剣ファンお疲れ様会」などをできたらいいなあと妄想しています(笑)(*^▽^*)

美味しいものを食べて、温泉に入り、るろ剣との今までの人生を語り合い振り返り合うような・・・。

きっとできると信じています!


それでは、同志様もお体にお気をつけて夏を楽しまれて下さいね!!


緊急事態宣言から明けて。 ~「もくり」通話へのお誘い~

同志様、ご無沙汰しております(*^▽^*)

月1ペースの更新ですが、アクセス&拍手まで頂きありがとうございます!

同志様にとってこのサイトが月1くらいでスナックのように時々のぞいてはほっとして頂けるような「港」のような場所であったらいいなと願っています(^^)

同志様はいかがお過ごしでしょうか?


緊急事態宣言も一旦は明け、私も先日から会社での通常出勤が始まり、職場の皆さんとまるで戦争が明けたかのような感慨深い再開の時を過ごさせて頂きました。

私は実は自粛期間の空気感、世の中の静けさはすごく好きで、心の底から静かに休める事が本当にありがたいと思いました。

心身ともに何も考えずに休んだり、忙しさの中で普段なかなか考えが及ばない自分の心の中にもぐってみたりと、今まで出来なかった事にまで手を伸ばせる不思議な期間だったなと懐かしんでいます。


今徐々に世の中がまた忙しい方向に戻りつつありますが、それもまた楽しんでいきたいと思っています。

自粛期間中には、自粛が明けたらこれをやりたい、という願いが心から湧いてきました。
色々なイベントや、国内旅行(長野で乗馬などしたいと思っています)、同志様との再会、ディズニーの新エリアを楽しんだりと、
自粛期間中にはまるで修道院のような暮らしをしていましたが(笑)、これからは人間らしい暮らしや楽しみを取り戻して生きたいと願っています。



おかげ様で宗次郎の「その後」も無事脚本部分が完結し、長年の同志様にお祝いのお言葉を頂いて、感無量の時を過ごさせて頂いておりました(*^▽^*)

万が一の事があっても文章部分を印刷し製本すれば形になる、という状態にとても安堵しています(笑)

「宗次郎の「その後」を支えたものは宗次郎がそれまで斬り捨ててきた多くの弱い人々の愛であり、長い年月をかけて一人の真人間に近づいた(完全ではない)宗次郎の姿や愛が、また長い年月をかけて多くの人々につながれていく」

という姿を描きたかったので、後から読み返してそれが描けている事がわかり、(実は文章を書いている時にはそのキャラクターに集中しているのであまり上記のような「狙い」まで計算ができておらず、後から読み返すと「あ、これがここに結び付いていたんだ!」と発見しています(笑))、自分でもびっくりしています。





~「もくり」通話へのお誘い~


さて、お話は変わり、最近同志様のお誘いのおかげで始めた新しい楽しみに目覚めました(笑)!

それは、作業通話アプリ「もくり」での通話です。

新しい交流の形として、同志様とぜひ通話アプリでお話をさせて頂けたらとても嬉しいと思っていますので、お話頂ける方がいらっしゃいましたらぜひご連絡下さい!


私は最近初めて知ったのですが、スカイプやzoomなどのビデオ通話ではなく、創作の作業をしながらゆるくお話が出来る通話アプリで、とても気楽にお話が出来るツールです!

今まで約10年近くメールやオンラインで交流がありながらも実際にイベントではお会いした事が無かった同志様と初めてお話ができた時に、

「今までこの10年本当にありがとうございました」

と直接声でお話ができた時に、ものすごく感動し、感慨深かったんです。

同志様との交流は、私がサークル参加させて頂く東京ビッグサイトで直接同志様にお会いしたり、瀬田読書会のようにディープな合宿式の集まりで、とても素晴らしい交流をさせて頂く事ができました。

コロナ前に何年にも渡ってこのような深い交流を当たり前のようにさせて頂けた事が奇跡だったんだなと自粛期間中に実感しました。

私は実際に同志様とお話をさせて頂く事が何よりも大好きなので、今年は10月のイベント開催が実際に可能か未定の為、中止、延期となった場合は「オンライン即売会」のような交流ができたら・・・とふと頭をよぎりました(笑)

同志様と交流やお話がしたい、けれども実際に時間や場所を用意してお会いするのは難しい今、通話アプリでの交流は本当に神様からのプレゼントのようでした!

「もくり」通話ですと、実際に顔を出すわけではないのでより気楽に、部屋の背景などを気にせず通話ができるのでとても安心してお話に集中することができてそれがすごく良かったです(笑)


「今まで見ているだけだったけれど、ちょっと話してみたい。」
「数年前にメッセージした事があるけれど、実際に話してみたい」
「るろ剣への想いを語りたい」

という同志様、ぜひ以下の手順でお気軽にご連絡下さいませ!


【もくり通話の流れ】

①「もくり」アプリをスマホ等で設定をお願いいたします。

②twitterのDMで「ご希望の日時」についてご連絡をお願いいたします(*^▽^*)
右のリンクから「凛 さとな」のページにつながります。



ぜひお気軽に、数分~1、2時間でも(実際に同志様とお話を始めるとあっという間に数時間経っていました(笑))、同志様のお話をお聞きしたり、普段の生活では語る機会の無いるろ剣への想いをお聞きしたりできるのを楽しみにいたしております!


それでは、一旦の「アフターコロナ」をご一緒に楽しみましょうね!!


お体にお気をつけてお過ごし下さいませ!!